自然な歩行も可能に 「義肢」の性能はここまで進化した

パラリンピックの走り幅跳び(切断など)で優勝したレーム選手(C)AP

「健常者と同じ、いや、それ以上じゃないか」――。リオのパラリンピックで活躍する選手を見て、希望を持った人も多かったのではないか。実際、今回のリオ・パラリンピックの「陸上走り幅跳び」で、金メダルを獲得したマルクス・レーム選手(28)の記録は8メートル21センチ。これは健常者の金メダル記録8メートル38センチ(米国人)とわずか17センチの差しかない。それを支えたのが義肢だ。その技術はどこまで進化しているのだろうか。

 レーム選手は2003年、ウェイクボード(水上スキー)の練習中に右足膝下を切断。以来、義肢になった。

 日本の場合、こうした下肢切断は、「年間約1万人」(「日本下肢救済・足病学会」=東京・新宿)という。

 公益財団法人鉄道弘済会「義肢装具サポートセンター」(東京・南千住)の臼井二美男・義肢装具研究室長は、リオ・パラリンピックの開催中、選手たちの義肢サポートに奮闘してきた。

1 / 4 ページ

関連記事