愉快な“病人”たち

西山麗さんは大動脈弁狭窄・閉鎖不全症 14歳で最初の手術

西山麗さんはソフトボール元日本代表(C)日刊ゲンダイ

 以前、北京五輪で獲得した金メダルを持参して、病気の子供たちに見せに行ったら、すごく喜んでくれたんです。病気を抱えた子供、とくに私と同じ病気の子供たちに希望を与えたい――。それは、この病気を持っている私にしかできないことだと思っています。

 実は今年の春、2度目の手術をしました。1度目のときより精神的にも肉体的にもつらくて、つい最近まで落ち込んでいたんです。人生で一番悩んだと言っても過言ではありません。

 最初の手術は中学2年生、14歳の時です。5歳で大動脈弁狭窄・閉鎖不全症と診断されてから、いつかはしなければならないといわれていた手術です。この病気は、心臓と大動脈の間にある弁の働きが不十分になる病気で、血液が詰まったり逆流してしまいます。私は苦しくなった経験はないですが、一般的には息苦しさや疲れやすさが主な症状で、突然死の可能性もあるといわれています。

1 / 5 ページ