天皇の執刀医「心臓病はここまで治せる」

二尖弁は高リスク 大動脈の病気は血圧コントロールが重要

順天堂大学の天野篤教授(C)日刊ゲンダイ

 ただ、これらの治療は早期に行っても、後から行っても内容は一緒なので、治療によって生活の質を損なうことがなければ、早めに治療を行うケースも最近は増えてきています。

 高血圧以外には、先天性の「二尖弁」によって大動脈解離を起こすケースがあります。心臓には、血液が効率よく一方通行で流れるように調整している弁が4つあります。そのうちの大動脈弁は、通常なら開閉する弁尖が3つあるのですが、それが生まれつき2つにしか分離していないのが二尖弁です。先天的な異常としては比較的多く見られ、日本人の80人に1人の割合で存在するといわれています。

 二尖弁自体が問題になることはほとんどありません。しかし、二尖弁の人は通常よりも大動脈が弱く、だんだん大動脈の一部が膨らんできたり、気づかないうちに弁膜症から大動脈解離を起こす場合があります。それほど多い症例とはいえませんが、時々、見かけるので注意が必要です。先日も二尖弁の患者さんの手術を行いました。

3 / 4 ページ

天野篤

1955年、埼玉県蓮田市生まれ。日本大学医学部卒業後、亀田総合病院(千葉県鴨川市)や新東京病院(千葉県松戸市)などで数多くの手術症例を重ね、02年に現職に就任。これまでに執刀した手術は6500例を超え、98%以上の成功率を収めている。12年2月、東京大学と順天堂大の合同チームで天皇陛下の冠動脈バイパス手術を執刀した。