天皇の執刀医「心臓病はここまで治せる」

二尖弁は高リスク 大動脈の病気は血圧コントロールが重要

順天堂大学の天野篤教授(C)日刊ゲンダイ

 自分が二尖弁かどうかは、心臓CT検査や心臓エコー検査を受ければ分かります。健診や人間ドックなどを受けた際、心雑音で発覚するケースもあります。また、二尖弁で大動脈弁の逆流が起こっていると、上の血圧(収縮期血圧)が高くなり、下の血圧(拡張期血圧)が低くなります。下の血圧が50mmHg以下だったり、上と下の差が大きい人は二尖弁を疑ってもいいでしょう。

 大動脈の病気による突然死を防ぐには、まず血圧をしっかり把握して、異常があればコントロールすることが重要なのです。

4 / 4 ページ

天野篤

1955年、埼玉県蓮田市生まれ。日本大学医学部卒業後、亀田総合病院(千葉県鴨川市)や新東京病院(千葉県松戸市)などで数多くの手術症例を重ね、02年に現職に就任。これまでに執刀した手術は6500例を超え、98%以上の成功率を収めている。12年2月、東京大学と順天堂大の合同チームで天皇陛下の冠動脈バイパス手術を執刀した。