画期的な選択肢が勢ぞろい 「腰痛治療」はどれがベストか

写真はイメージ(C)日刊ゲンダイ

 腰椎椎間板ヘルニアは、腰痛の多くを占める原因のひとつ。腰椎の間にある椎間板は、背骨にかかる負荷を軽くするクッションのような役割を担う。この腰椎が、加齢などさまざまな理由で椎間板から飛び出すと、脊椎の神経を圧迫してギックリ腰のような激しい腰痛と下半身のしびれが起こる。

「腰椎椎間板ヘルニアの一般的な治療は、まず保存療法を行い、3カ月ほど様子を見ます」(北青山Dクリニック・泉雅文医師)

 保存療法は、薬物治療やブロック注射などによる治療になる。

 これだけで症状が改善しなければ、より積極的な治療が検討される。かつては「LOVE法」と呼ばれる切開手術が主な選択肢だったが、全身麻酔による切開手術で入院期間は数週間に及び、後遺症のリスクもある。そのため手術に踏み切れず、「マッサージでだましだまし……」という人が多かった。

1 / 4 ページ

関連記事