愉快な“病人”たち

作詞・作曲家の中村泰士さん 「嫌な性格」はうつ病が原因

すっかり陽気なイメージが定着(C)日刊ゲンダイ

「中村さん、俺のこと嫌いなんか? 何が偉いねん。絶対おかしいから精神科行け!」

 36歳のとき、大阪のテレビ局のプロデューサーが東京に来るというので、東京駅まで迎えに行き、六本木で夕飯を食べ、さらに銀座と深夜まで案内した時のことです。

 僕は歓待したつもりなのに翌日、彼はこう言った。何でそんなこと言われなきゃいけないのかと正直ムッとした。でもその時、僕はしかめっ面で二言、三言しか話していなかった。昔の僕を知る彼からしたら、明らかにおかしかったんです。

 それから2年経ち、10年来の友に言われた言葉がずっと引っかかっていて、やっと精神科を受診した。2日間にわたった問診の後、うつの診断が出たんです。

 33歳でちあきなおみさんの「喝采」以来、ヒット曲も出せているし、体調も悪くない。でも、医師は「うつですよ。だって周りに友達いないでしょ? 孤立しているのがうつなんですよ」と言うんです。

1 / 4 ページ