天皇の執刀医「心臓病はここまで治せる」

不整脈の中で最も危険な致死性不整脈 救命はAEDが有効

順天堂大学の天野篤教授(C)日刊ゲンダイ

 冠動脈起始異常が見つかった場合、経過観察するのが一般的ですが、手術をして治すケースもあります。本来とは違う形で出ている、もしくは入ってきている冠動脈を、正常な位置に戻してあげることができれば理想的です。最近もその手術を行いました。

 不整脈の代表的な自覚症状は、動悸、脈が抜ける感じがするというものです。そうした症状があったり、健診などで心電図の異常が指摘されたりしている人は、放置せずに専門医を受診する。これが、致死性不整脈による突然死を防ぐ第一歩です。

4 / 4 ページ

天野篤

1955年、埼玉県蓮田市生まれ。日本大学医学部卒業後、亀田総合病院(千葉県鴨川市)や新東京病院(千葉県松戸市)などで数多くの手術症例を重ね、02年に現職に就任。これまでに執刀した手術は6500例を超え、98%以上の成功率を収めている。12年2月、東京大学と順天堂大の合同チームで天皇陛下の冠動脈バイパス手術を執刀した。