妻が「末期がん」になったら

<5>治療中の妻を邪魔する夫の性欲…術後1年以上で9割再開

写真はイメージ(C)日刊ゲンダイ

 妻にがんが見つかれば日常は一変する。家族の暮らしは、それまで通りとはいかない。夫婦の性生活も変わる。ピンピンしている夫と違って、病と闘う妻はセックスどころじゃない。性欲が衰えない夫と、その気がなくなる妻。性をめぐる感情のズレは、夫婦間の溝をどんどん広げてしまう恐れがある。

 九州がんセンターの調査(2005年)によると、術後1年以上を経過している妻の9割近くがセックスを再開していた。うち半数が3カ月以内である。性生活をスムーズに取り戻す夫婦は意外に多いようだが、治療が続く場合は“合体”が難しい。

「がん患者のセックス」の著書もあるノンフィクション作家の長谷川まり子氏が言う。

「乳がんや子宮頚がんなど女性特有のがんの場合、女性ホルモンの活動を抑制し、がんの進行を遅らせる必要があります。女性は閉経状態になるので、ホルモンのバランスが崩れ、性交時に濡れにくくなったり、強い痛みを訴えるようになったりします。例えるなら、蚊に刺されたところをかきむしって血が出たときのようなヒリヒリした感じ。治療中のセックスは難しいのです。しかも乳がんの場合は、術後もしばらくは再発予防のために抗がん剤治療をすることが多い。セックスが苦痛という状態が長く続くわけです」

1 / 3 ページ