愉快な“病人”たち

歌手・大江裕さん 「パニック障害」克服までを語る

大江裕さん(C)日刊ゲンダイ

 中学生の頃から、自分で老人ホームにお願いして歌わせてもらう機会をつくり、週末の予定は歌でびっしり埋まっていました。それが18歳で憧れの北島三郎さんの事務所に入り、すぐデビューですから、毎日仕事がうれしくて。キャンペーンで全国を飛び回り、1日3回公演なんてザラ。公演のない日は事務所に行って、サイン色紙を2000枚書く。これほど楽しい仕事はないと思っていました。

 それが、デビューして約2年、僕のことを「のろま大将」と呼んでいただけるようになった21歳の時です。祖父の地元、鹿児島・肝付でのコンサートで舞台に立ち、前奏に背中を押されて「さぁ、行くぞ」と1曲目を歌おうとすると、ゆっくり天井が回り始めたんです。急に心臓がバクバクして息ができず、そのまま後ろにひっくり返りそうになり、救急車で搬送されました。

 過呼吸と異常な心拍数。救急車に乗るときにお客さんや祖父の同級生たちが励ましてくれて……。僕にとっては記念すべき凱旋公演、いつもなら僕が元気を与えるはずなのに、自分の不甲斐なさに自己嫌悪に陥りました。

1 / 4 ページ