愉快な“病人”たち

歌手・大江裕さん 「パニック障害」克服までを語る

大江裕さん(C)日刊ゲンダイ

 病院で検査をすると異常なし。そのまま会場に戻りましたが、夜の舞台に立てるかどうか……。すると「ユタカ~! 大丈夫か?」と事務所の先輩、北山たけしさんが駆けつけてくれました。近くでご自身の公演を終えたばかりなのに、急きょ代わってくれたのです。

 その日の晩、次の公演先の国分に泊まると、ホテルの15階の窓から下を見ても全然怖くない。そのくらい気持ちが不安定になっていました。

 以降、半年以上びっしり埋まっていた僕の予定は、事務所の先輩方が代わってくれ、事務所を卒業した松原のぶえさんまでもが「何言ってるの、ファミリーじゃない?」と、僕の穴を埋めるために奔走してくれました。今でも思い出すと自然に涙があふれますね。

■「来るなら来てみろ」

 病名はパニック障害でした。どこが悪いとも明確なものがないので言うに言えず、怠け者だと叩かれ、その時はなぜ生きているのか、自分の存在理由すらわからなくなっていました。

2 / 4 ページ