役に立つオモシロ医学論文

モーツァルトを聴くと血圧が下がる?

クラシックを聴きに純喫茶で過ごすのもいい(C)日刊ゲンダイ

 音楽を聴くことは、「睡眠障害」や「うつ症状」、あるいは「痛み」の軽減など、人体にさまざまな影響を及ぼすことが分かっています。音楽療法という治療方法も存在します。音楽は「血圧」や「心拍数」などにも影響を与えることが分かっています。しかし、音楽のジャンルによって、人への影響は異なるものなのでしょうか。

 2015年12月、ベルギーの「循環器学会誌」に音楽と血圧に関する興味深い論文が掲載されました。心筋梗塞を発症し、救急診療部を受診した60人(平均約60歳)が対象です。モーツァルトを聴くグループ20人、ビートルズを聴くグループ20人、ラジオニュースを聴くグループ20人をランダムに割りふり、血圧の下がり具合を比較しました。ちなみにこの研究における選曲は、ビートルズは「レット・イット・ビー」「ヘイ・ジュード」「イエスタデイ」など往年の名曲27曲、モーツァルトは「ピアノソナタ第11番」など8曲が選ばれています。

1 / 2 ページ

青島周一

2004年城西大学薬学部卒。保険薬局勤務を経て12年9月より中野病院(栃木県栃木市)に勤務。“薬剤師によるEBM(科学的エビデンスに基づく医療)スタイル診療支援”の確立を目指し、その実践記録を自身のブログ「薬剤師の地域医療日誌」などに書き留めている。