愉快な“病人”たち

即死レベルから11年 小西博之さんががんを受け入れるまで

手術の痕を見せる小西博之さん(C)日刊ゲンダイ

 2月に入院し、手術を受けるまで毎日号泣しました。「死にたくない!」と風呂場で1時間、毎日です。ときにはソファをひっくり返し、そこらじゅうのものを引き裂き、台所のお皿も割って暴れました。ひとり暮らしなので遠慮なしにね。でもまぁ、やったことがある人はわかると思いますが、後片付けが大変なんですよ(笑い)。

 そうやって落ち込むだけ落ち込むと、ビールが少しおいしく感じたり、寝つきが良くなったりするんです。欽ちゃんの言っていたことが身に染みました。

 腎臓がんは5~6センチにもなると転移の可能性が高く、切っても再発率は高い。そんななかで僕のは縦20センチ、横13センチという巨大さで、医師から「日本で5本の指に入る大きさ」と言われました。リンパ節も腫れていたので転移が予想され、後から聞いた話では、両親やスタッフは医師から「手術は成功してもあと3カ月くらい。心の準備をしておいてください」と言われたそうです。

2 / 5 ページ