愉快な“病人”たち

即死レベルから11年 小西博之さんががんを受け入れるまで

手術の痕を見せる小西博之さん(C)日刊ゲンダイ

 元気になって「徹子の部屋」に出演して、徹子さんに傷口を見せながら「でも、全然大丈夫」と、お話しする……という夢を描きました。どんな話をしてどこで笑いを取るか……そんなことまで想像しました。

 退院は術後9日目でした。スピード退院ですよね。そして、その5カ月後には本当に「徹子の部屋」に出させていただき、思い通りになりました。

 あれから11年が経ちますが、僕はまだ元気です。「奇跡だ」と医師からは言われていて、「腎臓がん研究会」に呼ばれたりもします。これも後から聞いた話ですけど、5年生存率はほぼ無いに等しい状態だったそうです。

 今は、そんな唯一無二の“ネタ”を与えられたことに感謝しています。僕のこの体験が、今、がんで悩み苦しんでいる人の役に立てばと思って、病院や学校、お寺さんでも講演しています。

4 / 5 ページ