メイ英首相は56歳で発症 1型糖尿病は“大人の病気”だった

メイ英首相は重い風邪をキッカケに発症(C)AP

 肥満に関係なく、血糖を抑えるインスリン分泌がゼロになる1型糖尿病。これまでは“子供の病気”と思われてきたが、実は大人での発症が半数に上っていることが分かった。9月に開かれた第52回欧州糖尿病学会で英国の研究チームが発表した。「やせてる俺に糖尿病は関係ない」とうそぶくあなたも、安心してはいられない。

■半数以上は30歳以降に見つかる

 1型糖尿病はある時期から膵臓のインスリン産生細胞が崩れていく病気だ。自己免疫細胞やウイルスが、インスリンを産出するランゲルハンス島β細胞を攻撃することで発症するといわれている。

 英国の研究チームは、50万人のデータを集積している「英国バイオバンク」に登録した40~70歳の英国人データ(12万人)から、1型糖尿病と関連する遺伝子多型をリストアップしてリスクスコアを作り、糖尿病患者の遺伝子データベースを作成した。

1 / 4 ページ

関連記事