スマホが医療を変える

アプリでデータ収集 スマホ活用の臨床研究が世界で進行中

15年アップルから全世界に広まった(C)AP

 スマートフォンを活用した臨床研究が始まっています。日常生活と病気の関係や、病気がどう進行していくかを長期にわたって明らかにしていく研究です。

 糖尿病や高血圧などが、毎日の食事や運動とどのくらい関係しているのかを調べるのは大変です。どんなときに喘息発作が起こるのかも、個別の患者から聞いた話だけでは統計的な説得力は得られません。そのため、従来は外来患者などにお願いして、毎日記録をつけてもらい、さらに定期的に病院に来てもらうなどして研究を行っていました。しかし、それでは病院の近所に住んでいる、時間に余裕のある人ばかりになってしまい、あまりいい研究にはなりません。

 スマートフォンは、こうした問題を一気に解決しつつあります。大学などの研究者が臨床研究を始めるにあたって、まず、データ収集用の専用アプリを作り、次にSNSなどで広く参加を呼び掛けます。参加者はもちろんボランティアです。自分のスマホにアプリをダウンロードして、所定のデータを計測し、アプリに入力。データはアプリから研究者のサーバーに転送されるという仕組みです。

1 / 2 ページ

永田宏

筑波大理工学研究科修士課程修了。オリンパス光学工業、KDDI研究所、タケダライフサイエンスリサーチセンター客員研究員、鈴鹿医療科学大学医用工学部教授を歴任。オープンデータを利用して、医療介護政策の分析や、医療資源の分布等に関する研究、国民の消費動向からみた健康と疾病予防の解析などを行っている。「血液型 で分かるなりやすい病気なりにくい病気」など著書多数。