愉快な“病人”たち

映画監督・俳優の佐野和宏さん 下咽頭がんから復帰まで3年

佐野和宏さん(C)日刊ゲンダイ

 覚悟して病院に行ったので、「ステージ4の下咽頭がん」と宣告されても驚きはなかったですね。

 体に異変があったのは5年前。へんとう炎みたいな感じで、ちょっとのみ込みにくくなった。でも、そのうち治るだろうと思っていたんです。それが2年経ち、酒ですらのみ込みづらくなってきて、「これはヤバいぞ!」と思いつつ、病院が嫌いでまた3年……。都合5年間、放置していたんです。

 ステージ4では、化学療法だけでは完全にがん細胞を除去できないような状態だったので、手術を選択しました。すでに「死」も覚悟していたので、手術も必要ないんじゃないかなと思っていましたが、主治医の「治すために手術するんです!」という一言が決め手になり、手術と抗がん剤治療を行うことにしました。

 原因は強い酒とたばこでしょうか。たばこは1日2箱。酒は焼酎やウイスキーをヘタるまで飲んでいましたね。肝機能障害や糖尿病を併発していると術後に出血するらしく、俳優の先輩はそれで亡くなったんですが、僕は運良く他に疾患がなかったので助かった。

1 / 4 ページ