Dr.中川のみんなで越えるがんの壁

治療しない選択肢も 平尾誠二氏の命奪った胆管がんの知識

53歳で亡くなった平尾誠二さん(C)日刊ゲンダイ

 ラグビー界の宝・平尾誠二さんの命を奪ったのは、胆管細胞がんでした。まだ53歳と若く、2019年のラグビーW杯日本大会の成功に向けて突っ走っている最中の訃報にファンならずとも、ショックを受けたことでしょう。

 一般にはなじみの薄いこのがんは、医学的に肝臓がんに分類されます。昨年、女優・川島なお美さんと柔道家・斉藤仁さんも、同じがんで帰らぬ人となりました。2人とも54歳。平尾さんのケースとダブります。

 胆管は、肝臓からすい臓を経由して十二指腸に胆汁などの消化液を運ぶ6~8ミリほどの管で、肝臓の内部と外部に分けられ、胆管細胞がんという場合は主に肝臓内の胆管にできた腫瘍を指し、肝臓の外にできた腫瘍の肝外胆管がんと分けられます。胆管細胞がんというと、肝臓がんのひとつと考えるのです。

 胆管と肝臓や十二指腸などとの位置関係や管の細さから、お腹のエコー検査では見つけにくい。それで発見が遅れると、胆汁が排出されにくくなって逆流するため、皮膚や白目の部分が黄色っぽくなる黄疸が表れます。体重の急激な減少や背中の痛み、腹部の腫れ、みぞおちの痛みを伴うことも珍しくありません。

1 / 3 ページ

中川恵一

1960年生まれ。東大医学部医学科卒業。同院緩和ケア診療部長を兼務。すべてのがんの診断と治療に精通するエキスパート。がん対策推進協議会委員も務めるほか、子供向けのがん教育にも力を入れる。「がんのひみつ」「切らずに治すがん治療」など著書多数。