Dr.中川のみんなで越えるがんの壁

治療しない選択肢も 平尾誠二氏の命奪った胆管がんの知識

53歳で亡くなった平尾誠二さん(C)日刊ゲンダイ

 ネットなどでは、昨年のW杯の解説中に映った激ヤセした平尾さんの姿が話題になりました。通常なら試合会場の解説席に座るはずですが、東京のスタジオでタレントと並んでいたことから、当時から健康不安説が取りざたされています。今から考えると、胆管がんが進行していたことがうかがえます。

 肝臓がんのうち9割を占める肝臓そのものにできるタイプは、肝炎ウイルスが原因で、ウイルス除去の治療を受ければがんへの進展を食い止めることが可能です。ところが、胆管がんは生活習慣との関連も不明で治療が難しい。

 ほかの臓器や重要な血管などとの位置関係から手術が難しく、たとえできても5年生存率は3割ほど。肝臓の内部やリンパ節、骨、肺などに転移があると行われる抗がん剤治療は、奏効率が1~2割。がんの中でも手ごわいタイプです。斉藤さんは、全日本体重別選手権で姿を見せてから2カ月後の訃報でした。

2 / 3 ページ

中川恵一

1960年生まれ。東大医学部医学科卒業。同院緩和ケア診療部長を兼務。すべてのがんの診断と治療に精通するエキスパート。がん対策推進協議会委員も務めるほか、子供向けのがん教育にも力を入れる。「がんのひみつ」「切らずに治すがん治療」など著書多数。