数字が語る医療の真実

早期発見のがんほど、メリットを実感しにくい

早期発見するとまったく元気な状態で治療が始まる(C)日刊ゲンダイ

 がん検診の負の面を伝えるのは難しいものです。

 結論から言いましょう。がんは早期で見つければ見つけるほど、メリットを実感しにくく、失うものも大きくなります。

 もちろん、がんを早期発見してすぐに治療すれば、その後の長い寿命を得るということは間違いありません。しかし、その半面、早期発見であればあるほど、症状もなく、日常生活に何の問題もない状態でがんと診断されるわけですから、治療で少しでも悪い面が出ると、その悪い面が強調されることがあるのです。

 例えば、次のようなケースです。あなたが60歳で何の症状もなく、元気なうちに早期胃がんと診断されたとしましょう。すぐに内視鏡で切除しようとしたところ胃に穴が開き、全身麻酔で胃の3分の1を取ることに。その結果、手術後、食事があまり取れず元気がなくなり、うつになって、引きこもってしまった。

1 / 2 ページ

名郷直樹

「CMECジャーナルクラブ」編集長。東大薬学部非常勤講師。東大医学教育国際協力研究センター学外客員研究員、臨床研究適正評価教育機構理事)自治医科大卒。名古屋第二赤十字病院にて研修後、作手村国民健康保険診療所にてへき地診療所医療に携わる。95年同診療所所長。05年東京北社会保険病院臨床研修センター長。「『健康第一』は間違っている」などの著書がある。