病院は本日も大騒ぎ

パンツ姿は患者の“熱”を上げさせないため?

写真はイメージ(C)日刊ゲンダイ

■白衣は子供が怖がる

 男性の患者さんの中には「なぜ、ワンピースじゃないの?」と不満を込めた質問をしてくる方もいらっしゃいますが、高齢化社会を迎え、看護師も「抱え上げる」「車椅子に乗せる」といった前かがみになる動作が多くなりました。そのため、患者さんの“熱”を上げさせないために、看護師ユニホームはできるだけ肌を露出させない上着とパンツの上下になりました。

 また、これは小児科の話ですが「子供が白衣を見ると怖がる」という理由から、ユニホームの色をピンクにしている病院もあります。

 看護師からもユニホームの選択についていろいろな意見が出ます。でも、20代から60代の看護師までが満足する統一したユニホームの着用は、無理があるかもしれません。

 とにかくユニホームは清潔が一番。ユニホームの上に着用するエプロンは感染管理の必要上からビニール製の使い捨てになりました。かわいいとか、ステキなどと言っていられない時代に突入しています。そのうち、白衣も使い捨てになるかもしれません。

2 / 2 ページ