交通事故死の約5倍 入浴“ヒートショック”死のワーストは

「ヒートショック」予備軍テスト(C)日刊ゲンダイ

 入浴中の心肺停止で年間1万9000人が命を落としている――。この数字がいかにスゴイことかというと、昨年の交通事故死は4117人(警察庁調べ)。実に交通事故の5倍近くの人が風呂場で亡くなっているのだ。

 風呂場が危ないのは、やはり寒くなる今の時季。死亡者数を月別で見てみると、11~3月の5カ月間に7割が集中している。先日、俳優の平幹二朗さん(享年82)も入浴中に急逝したが、当然疑われているのがヒートショックだ。ヒートショックとは、急激な温度差で血圧が上下し、心筋梗塞や脳梗塞を起こすこと。湯船に漬かったまま意識を失えば、そのまま溺死してしまう。

 では、どんな人が最も危険なのか? 高齢者や持病のある人は当然だが、意外なのは“温暖”といわれる地域に住んでいる人たちだ。東京都健康長寿医療センターの調査によると、高齢者1万人当たりの入浴中心肺停止件数のワーストは香川県。兵庫県、滋賀県と続き、東京都がワースト4位に顔を出す。逆に北海道は46位、青森県も44位と死亡者が少ない。

1 / 2 ページ

関連記事