Dr.中川のみんなで越えるがんの壁

M・ダグラス公表 舌と喉の腫瘍は放射線で生活機能を守る

M・ダグラス(左)は2010年に喉にクルミ大の腫瘍が発見されたと公表(C)AP

 真意はどこにあるのでしょうか。米俳優のマイケル・ダグラス(72)が、ロンドンで開催されたイベントで語ったことです。

 2010年に喉にクルミ大の腫瘍が発見されたことについて、「手術をする可能性もあるし、顎の一部を取り除くことになるから、俳優としてのキャリアを続けることは難しいと言われたね。『これは死刑宣告なのか?』と思ったよ」と振り返っていました。

 実は咽頭がん公表の3年後、本当は舌がんだったと英国のテレビで語っているのです。「(ステージ4の舌がんで手術をすることになれば俳優生命を絶たれるため)医師から『咽頭がんということにしておこう』とアドバイスされた」と。

 その背景を探ると、いくつか重要なことが推察されます。一つは、がんの場所です。舌の後方3分の1は舌根と呼ばれます。この部分にできたがんは舌がんではなく、中咽頭がんとして扱われます。医学的にシロウトのダグラスが、舌という場所を意識すれば舌がんと言うかもしれないし、医師の説明を素直に受ければ咽頭がんとも言うかもしれません。どちらの発言もあり得るのです。

1 / 3 ページ

中川恵一

1960年生まれ。東大医学部医学科卒業。同院緩和ケア診療部長を兼務。すべてのがんの診断と治療に精通するエキスパート。がん対策推進協議会委員も務めるほか、子供向けのがん教育にも力を入れる。「がんのひみつ」「切らずに治すがん治療」など著書多数。