健康ポイント どっちが勝ち?

ラーメンのスープvs麺 健康考えて残すならどっち?

夜、一杯やった後は厳禁(C)日刊ゲンダイ

「ラーメンは太る」と思われがちですが、私は食べ方を工夫すれば、ダイエット中であっても無理に我慢しなくてよいと思います。今回は、健康的にラーメンを食べる方法を紹介しましょう。

 健康ポイントを高くするには、一食の中に含まれる栄養素のバランスを気にしてください。

 エネルギーを燃やす上で理想的な比率は、タンパク質13~20%、脂質20~30%、炭水化物50~65%。普通に食事をする中で、それぞれが明確にどれくらいを占めるか分からないでしょうから、極端にひとつの栄養素が突出しないように心掛けてください。

 そうすると、ラーメンで問題になるのは「脂質」です。昔ながらの醤油や塩と比べ、とんこつラーメンは脂質が高めで全体のバランスを崩してしまいがち。脂質はスープに溶け込んでいるので、スープは基本的には残します。

 一方、最近、やたらと敵視されがちな炭水化物(麺)は、バランス維持のためにもしっかり食べましょう。

1 / 2 ページ

柴田真希

健康で楽しい「食」を提案する「エミッシュ」代表取締役。「私は『炭水化物』を食べてキレイにやせました。」など著書多数。ブログ「管理栄養士 柴田真希のシアワセ♪Makitchen」が好評。