医者も知らない医学の新常識

命に関わることも…失神の原因で意外に多い病気とは

失神はこれまでの常識より怖い症状(C)日刊ゲンダイ

 一時的に意識がなくなり、すぐにまた気が付くという症状を「失神」と言います。救急車で病院に運ばれても、病院に着いた時にはもう意識が戻っているのが通常です。救急病院では、脳卒中などの兆候がないかどうかを調べ、疑いがあれば入院して様子を見ることがあります。けいれん発作の可能性や、不整脈や低血糖などの可能性も調べます。

 しかし、そうした検査で異常がなければ、「心配はない」と説明されるのが一般的です。自律神経のバランスが崩れ、一時的に血圧が下がることが失神の原因になっていることが多く、命に関わるような病気ではないからです。

 ところが、その常識を覆すような報告が、今年の「ニュー・イングランド・ジャーナル・オブ・メディシン」という一流の医学誌に掲載されました。入院になった失神の患者さんを精査したところ、6分の1という高い確率で「肺血栓塞栓症」という病気が見つかったのです。

1 / 2 ページ

石原藤樹

信州大学医学部医学会大学院卒。同大学医学部老年内科(内分泌内科)助手を経て、心療内科、小児科研修を経て、1998年より「六号通り診療所」所長を務めた。日本プライマリ・ケア学会会員。日本医師会認定産業医・同認定スポーツ医。糖尿病協会療養指導医。