愉快な“病人”たち

脳梗塞を経験したシェリーさん 「生きてるだけで丸儲け」

シェリーさん(C)日刊ゲンダイ
タレント59歳<脳梗塞>

 うちは父が42歳で脳出血で他界。母は59歳で脳梗塞で倒れて、11年介護ののち他界。妹は36歳でくも膜下出血を起こし、今も高次脳機能障害を抱えています。そんな家系なので、私も脳についてはことさら用心していて、毎年脳ドックを受診していました。ところが、54歳で倒れた時に限って、定例検診が2カ月ほど遅れていたんです。

■必死で会社まで車を走らせた

 脳梗塞を起こす前兆は2、3日前からありました。パソコン画面を見ていると視界が狭まった。当時、保険会社で営業の仕事をしていたので、倒れる日の朝、時間があったら主治医のところに行こうと財布に診察券を入れていました。

 そして朝、車で出勤する途中、右折レーンで信号待ちをしていると、首の後ろをグワーンと強く押されたような感覚になり、首から肩にかけて重だるいようなギューッとつかまれたような、強烈な頭の痛みに襲われたのです。声を出してみたら「レロレロ~」、信号待ちをしていたほんの数十秒で、手足も何も右半分がマヒしてきたんです。

1 / 4 ページ