天皇の執刀医「心臓病はここまで治せる」

「突然死なら苦しくない」は大間違い

順天堂大学の天野篤教授(C)日刊ゲンダイ

 病気やケガというものは大多数が痛かったり、苦しかったりするものです。「突然死」といっても、極めて健康な状態からいきなり発作が起こって亡くなるわけではなく、もともと何らかの基礎疾患があったうえで、突然の死を迎えるということです。当然、その人が抱えている基礎疾患なりの苦しみや痛みがあるものです。心臓であれば、普段から不整脈、動悸、胸痛といった症状があり、何らかの生活制限を受けているケースがほとんどでしょう。

 そもそも、普段からピンピンしていて健康であればあるほど、最期はコロリとは逝けないものです。簡単にいえば、元気で丈夫な人ほど亡くなるときは手間がかかるものなのです。「ピンピン」という状態は、病気がない、もしくは病気があってもしっかりコントロールできているということです。こういう人は、健康寿命を謳歌できているわけですから、そうそう「コロリ」まではたどりつけません。

2 / 4 ページ

天野篤

1955年、埼玉県蓮田市生まれ。日本大学医学部卒業後、亀田総合病院(千葉県鴨川市)や新東京病院(千葉県松戸市)などで数多くの手術症例を重ね、02年に現職に就任。これまでに執刀した手術は6500例を超え、98%以上の成功率を収めている。12年2月、東京大学と順天堂大の合同チームで天皇陛下の冠動脈バイパス手術を執刀した。