Dr.中川のみんなで越えるがんの壁

りりィさんのケース 肺がんの放射線治療は通院で治療

享年64だった(C)日刊ゲンダイ

 ハスキーボイスが思い出されます。1970年代にシンガー・ソングライターとして活躍。女優としてもドラマや映画に多くの作品を残したりりィさんが先週11日、肺がんで亡くなりました(享年64)。74年のヒット曲「私は泣いています」は、私もよく聴いていただけに残念です。

 肺がんは、今年4月の定期検診で見つかったとのこと。ドラマの収録を最後に治療に専念していたそうです。2000年の本紙インタビューで10年の休養期間について「音楽以上にのめり込んでたものがあったんだもの。答えは簡単、子育てよ」と答えていたりりィさん。それから7カ月、「葬儀はしないで」と大切な息子夫婦や家族に見守られながらの旅立ちだったといいます。

 この闘病期間から推察すると、恐らく非小細胞肺がんの末期だったのでしょう。女優の樹木希林さん(73)に紹介してもらった鹿児島の病院で入院して放射線治療を受けていたようです。あくまでも推測ですが、余命を逆算して、負担の重い抗がん剤治療を避け、放射線治療を選択したことがうかがえます。

1 / 3 ページ

中川恵一

1960年生まれ。東大医学部医学科卒業。同院緩和ケア診療部長を兼務。すべてのがんの診断と治療に精通するエキスパート。がん対策推進協議会委員も務めるほか、子供向けのがん教育にも力を入れる。「がんのひみつ」「切らずに治すがん治療」など著書多数。