天皇の執刀医「心臓病はここまで治せる」

心臓疾患は“答え”がほぼ解明されている

順天堂大学の天野篤教授(C)日刊ゲンダイ

 ①構造上の問題は、手術などで異常な部分を正常化してあげれば、機能をしっかり取り戻せます。この場合、手術のタイミングが最も重要です。

 ②心筋の問題は、筋肉の働きを悪化させないような投薬治療や、心筋細胞そのものを取り換える、または心臓全体を取り換える治療を行えば改善します。

 ③血管の問題というのは、生まれつきの血管の異常を除けば、ほぼ動脈硬化によって起こります。そのため、動脈硬化を予防する対策を実践すれば、進行を止めることができます。高コレステロール、高血糖、高血圧、肥満、喫煙といったリスクファクターを普段からしっかり管理して、血管が“若い状態”を保てるような対策を立てておけば、病気が悪化することはありません。

 つまり、心臓疾患は「患者さんの状態に応じてどんな治療をすればいいのか」が分かっていて、さらに、「病気になってしまった段階で何をすればいいか」「病気になりつつある段階で何をすればいいか」についてもハッキリしています。

2 / 4 ページ

天野篤

1955年、埼玉県蓮田市生まれ。日本大学医学部卒業後、亀田総合病院(千葉県鴨川市)や新東京病院(千葉県松戸市)などで数多くの手術症例を重ね、02年に現職に就任。これまでに執刀した手術は6500例を超え、98%以上の成功率を収めている。12年2月、東京大学と順天堂大の合同チームで天皇陛下の冠動脈バイパス手術を執刀した。