天皇の執刀医「心臓病はここまで治せる」

心臓疾患は“答え”がほぼ解明されている

順天堂大学の天野篤教授(C)日刊ゲンダイ

 また、心臓は「無菌」の場所にある臓器で、人工物を効果的に使えるという点も、治療によって改善できる余地が大きいといえます。心臓を構成している弁や血管などの劣化によって働きが低下している場合、弁や血管を人工の物に取り換えれば、機能を取り戻すことができるのです。

 これが、たとえば胃や腸といった消化器となると、そうはいきません。「食べ物が通る場所」には必ず細菌が存在します。そうした臓器には、体に害を与えないように細菌を排除するシステムがあり、人工物は“異物”と判断されて受け付けないのです。また、細菌が存在する場所にある臓器は、人工物が人体に取り込まれる過程において感染が起こりやすくなるので、人工物を使うには大きなリスクがあります。そうした点から考えても、心臓は「恵まれた臓器」といっていいでしょう。

4 / 4 ページ

天野篤

1955年、埼玉県蓮田市生まれ。日本大学医学部卒業後、亀田総合病院(千葉県鴨川市)や新東京病院(千葉県松戸市)などで数多くの手術症例を重ね、02年に現職に就任。これまでに執刀した手術は6500例を超え、98%以上の成功率を収めている。12年2月、東京大学と順天堂大の合同チームで天皇陛下の冠動脈バイパス手術を執刀した。