役に立つオモシロ医学論文

勉強熱心な医師が不在でも安心して入院できるのか

(C)日刊ゲンダイ

 医学分野における情報の更新はめまぐるしく、医療者は生涯学び続けなければなりません。医療者が最新の情報を学ぶ機会の代表的なものに「学術大会」があります。例えば日本には心臓病を専門に扱う循環器学会があり、1年に1回、全国レベルの学術大会が開催され、そこで研究成果など最新の情報が発表されます。

 最新情報を学ぶため、あるいは発表するために医師は学術大会に参加することがあります。すると、その期間中は勉強熱心な医師が病院にいない可能性があります。この期間に入院すると、そうした優秀な医師による医療を受けることができないかもしれません。

 米国医師会の内科専門誌(2015年2月号)に、循環器に関する学術大会開催中の期間と開催されていない期間を比較して、「心臓病で入院した患者の死亡リスク」を検討した論文が掲載されています。この研究では、「専門医が多く在籍している教育病院」と「専門医が少ない非教育病院」、また患者さんの状態を「高リスク」と「低リスク」に分けて、30日以内の死亡が解析されました。

1 / 2 ページ

青島周一

2004年城西大学薬学部卒。保険薬局勤務を経て12年9月より中野病院(栃木県栃木市)に勤務。“薬剤師によるEBM(科学的エビデンスに基づく医療)スタイル診療支援”の確立を目指し、その実践記録を自身のブログ「薬剤師の地域医療日誌」などに書き留めている。