筋肉痛に湿布では不十分 中高年の運動後の痛みには漢方薬

中高年の運動後の痛みは老化現象が関係(C)日刊ゲンダイ

 40代を過ぎると、自然の摂理では「初老」に分類され、代謝が落ちる。すると体が冷えやすく、疲労物質である乳酸が体外に排出されにくい。乳酸は体を冷やす作用があるので悪循環だ。八味地黄丸は、それらの対策に有効なのだ。

 八味地黄丸は、乾燥した生姜と蜂蜜を入れた紅茶とともに飲むとより効果的。生の生姜は“健胃薬”にはならないので、必ず乾燥したものを。

■腰などの痛み+体が火照る、むくむ

「体の火照りやむくみを伴うようなら、水分の代謝を良くして余分な熱を取り除く漢方薬が適しています。『六味丸』を常温の水で飲むといいでしょう」

■座骨神経痛など慢性的な痛みが続く

 関節痛、神経痛などに効く「疎経活血湯」を。

「17種類の生薬の中には、痛みを和らげる作用のあるものがたくさん含まれています。徐々に痛みを和らげます」

2 / 4 ページ

関連記事