受診までの「応急処置」

【しもやけ】市販薬で様子を見るのは3~4日まで

写真はイメージ(C)日刊ゲンダイ

 寒さで血流が悪くなり、手や足の指先が赤く腫れてかゆみや痛みを伴う「しもやけ」。入浴などで患部を温めるとかゆみが強くなるのも特徴だ。

 冷たい外気にさらされる耳たぶ、頬、鼻などにもできやすい。山手皮フ科クリニック(東京・高田馬場)の豊福一朋院長が言う。

「気温が5度前後で、一日の気温差が10度以上になると起こりやすいとされています。寒冷にさらされた直後は血管が収縮します。そのあと動脈は早く拡張しますが、静脈は収縮したままの状態になります。そのため静脈から組織内に体液や炎症物質が漏れて、炎症やむくみが起こると考えられています」

 ただし、同じ環境下でも発症しやすい人としにくい人がいる。寒さによる血流障害の回復には遺伝的な差があるからだという。

 また、動脈硬化のある人も手足の血流が悪いので起こりやすい。

1 / 3 ページ