Dr.中川のみんなで越えるがんの壁

北斗晶さんがTV復帰 乳がん治療で失った髪は復活する

芸能活動休止以前の北斗晶さん(提供写真)

 女性にとって、髪の毛は大切なもの。読者の周りにも、脱毛のショックでふさぎ込んでいる女性がいるかもしれませんが、北斗さんのように抗がん剤治療の終了後は発毛しますから、ぜひ励ましてあげてください。

■再発とリンパ浮腫のケア

 ホルモン治療は、5年くらい続きます。その間は、3~6カ月ごとに視診や触診、血液検査、胸部X線、マンモグラフィーや超音波などで再発をチェック。必要に応じて、CTやMRI、骨シンチグラフィーなどを追加します。

 もう一つのポイントはリンパ浮腫です。乳がんが転移したリンパ節を切除すると、リンパ液が滞ってむくみやすくなります。手術のほか、放射線治療やリンパ節への転移の有無を調べるセンチネルリンパ節生検が原因になるケースもあり、乳がんの治療後はフォローが大切。

 北斗さんは今のところ大丈夫そうですが、多くは治療後1年以内に発症します。進行すると、リンパ節を切除した側の腕が太くなりやすく、痛みやだるさを感じたり、感染症になったりしますから、予防と早期治療が欠かせません。女性にとって、見た目の悪さを伴う症状は、気持ちがふさぐ大きな要因ですから。

2 / 3 ページ

中川恵一

中川恵一

1960年生まれ。東大医学部医学科卒業。同院緩和ケア診療部長を兼務。すべてのがんの診断と治療に精通するエキスパート。がん対策推進協議会委員も務めるほか、子供向けのがん教育にも力を入れる。「がんのひみつ」「切らずに治すがん治療」など著書多数。