Dr.中川のみんなで越えるがんの壁

片岡鶴太郎さん報道で考えた がんリスクが最も高いのは?

片岡鶴太郎さん(C)日刊ゲンダイ

「ちょっとやり過ぎではないの?」――そんな見方が浮上しているのが、俳優でタレントの片岡鶴太郎さん(61)です。バラエティー番組で紹介された私生活があまりにも衝撃的で、週刊誌やスポーツ紙などが続報。ネットなどで話題になっているのです。

 鶴太郎さんはがんではありませんが、がん治療に携わる医師として気になることがあります。ひとつは体形です。実は疫学研究から、やせ過ぎの人はがんになりやすいことが分かっています。

 報道によると、鶴太郎さんは午前9時の仕事に合わせて起きるのは、6時間前の午前3時。そしてカメラの前にパンツ一丁で現れた体は極端に絞り込まれていて、かなりやせている印象。

 163センチ、44キロという報道の数字を基にBMI(体格指数)を計算すると、16.5。BMIは18.5以上25未満が標準ですが、理想は22前後。特に男性で20を大きく下回るのは、明らかにやせ過ぎでしょう。

1 / 3 ページ

中川恵一

1960年生まれ。東大医学部医学科卒業。同院緩和ケア診療部長を兼務。すべてのがんの診断と治療に精通するエキスパート。がん対策推進協議会委員も務めるほか、子供向けのがん教育にも力を入れる。「がんのひみつ」「切らずに治すがん治療」など著書多数。