健康ポイント どっちが勝ち?

焼き鳥屋で食べるなら「塩」か「タレ」か

味付けは「塩」か「タレ」か?/(C)日刊ゲンダイ

 鳥皮やぼんじりは脂がたっぷり。焼き鳥屋さんでは、皮がついていないもの、ひき肉以外のものを選ぶと間違いありません。たとえば、ささみ、軟骨、砂肝は低カロリーメニュー。ダイエット中でも気にせずいただけます。ただし、軟骨を「揚げ」で食べると途端にカロリーが高くなりますから、避けましょう。

 焼き鳥屋さんでは、生のキャベツがメニューに挙がっているところが多いです。お通しで出てくる店もありますね。ぜひ、最初にキャベツを食べてください。満腹感を得やすくなります。さらに、何本も一度に注文しないこと。食べて足らなければ、追加注文。その間隔はゆっくりめで。いつもより少ない本数で満足できると思います。

2 / 2 ページ

柴田真希

健康で楽しい「食」を提案する「エミッシュ」代表取締役。「私は『炭水化物』を食べてキレイにやせました。」など著書多数。ブログ「管理栄養士 柴田真希のシアワセ♪Makitchen」が好評。