愉快な“病人”たち

「先生とは好相性でした」 山田邦子さん乳がん闘病を語る

デビューからすでに35年(C)日刊ゲンダイ

 病気がわかったきっかけは、出演したテレビの健康番組です。番組でやった「自分で乳がんを見つける方法」を試しに家でやってみたらコリッとしたものがあったので、番組でお世話になった女医先生のところで診察を受けたわけです。

 乳がんと言われた時のことをよく聞かれるけれど、思っていたほどショックじゃなかった。先生が間髪入れずに次のストーリーを話してくれたからだと思います。そりゃ一瞬ドキッとはしましたよ。でも、先生が「これは早期で小さくて、できたところもよかったから、こうでああで、すごく簡単で、あなた本当にテレビに出てよかったわね」って(笑い)。サバサバしたとてもいい先生で、中途半端なことを言われるのが嫌いな私と相性がよかったの。

 私はいつも「最悪のことと、最高のことを教えてください」ってお願いして、治療の話を進めていきました。最悪はがんが広がって死ぬこと。最高は治療が成功してどんどん健康になること。だいたいその2つしかないですよね。それで、「最高の結果にするために、今、私ができることは何ですか」と聞いたら、先生は「元気でいることです」と言うんです。“そうか”と思って力が抜けました。自分は元気でいればいい、治療のことは素人が考えることではなくて先生方にお任せしようと。

1 / 5 ページ