当事者たちが明かす「医療のウラ側」

人工知能が究極のかかりつけ医になる

人型ロボットがかかりつけ医に?(C)AP
都内の50代開業医

 以前から、人工知能が医師の仕事を奪うのではないか、といわれてきましたが、意外に早くその時代がやってきそうです。すでに、医師国家試験の合格を目指す人工知能の開発が慶応大学で進んでいて、昨年の段階で国家試験の臨床問題の正解率は55.6%まで上がっているそうです。これは過去27年分の医師国家試験の臨床診断問題700問を学習させ、実際に27問解かせたところの正解率だそうです。しかも、画像付きの問題だと正解率は64.7%まで高まるそうです。過去の合格者の平均正答率は66.6%だそうですから、人工知能が医師国家試験をパスするのは時間の問題でしょう。

 なかでも人工知能が得意なのは画像や波形の診断ですから、CTやMRI、心電図での応用が進んでいます。人間なら数千枚の画像から腫瘍を見つけ出すのは大変ですが、コンピューターなら一瞬で探し出すことができます。しかも、どんな画像ならどんな病気かも、過去の臨床画像データを自ら学習できる人工知能ならすぐにできます。

1 / 3 ページ