当事者たちが明かす「医療のウラ側」

人工知能が究極のかかりつけ医になる

 むろん、こうした問題点はいずれ解決するでしょうが、医師抜きで診断するのは当分ムリだそうです。あくまでも医師の診断を補助する診断補助システムということになるのでしょう。ただ、人工知能は膨大なデータを解析できるのですから、一人一人の患者の治療歴を学習して、その患者に特化したルールを作っていけば究極のかかりつけ医師になるとの期待があるそうです。そうなると医師の仕事の量は減りますが、年だからといって医師をやめる必要もなくなる。医師不足も解決するかもしれません。

3 / 3 ページ