極度の糖質制限は危険 がん患者が取るべき「正しい栄養」

藤田保健衛生大学医学部外科・緩和医療学講座の東口髙志教授(C)日刊ゲンダイ

 東口教授は、それまで平均余命35日だったがん終末期患者の生存期間を、体系的な栄養管理によって50日に延ばした臨床栄養学の第一人者。全国約1500の医療施設で活躍する「全科型栄養サポートチーム」の創設者でもある。

 東口教授によると、がんは自身が生き延びるため、患者本人のタンパクや脂肪を崩壊させてブドウ糖に変換し、それをエネルギーとして使う。

 がんはブドウ糖しかエネルギー源として使用できないので、ブドウ糖を得るためにがん患者の骨格筋や脂肪をどんどん溶かして、高度の“代謝障害”に誘導するという。

「がん細胞は、インスリンや種々のホルモンが正常に作用しないようにして使われない糖を乳酸に変換し、これを元にエネルギーをつくり上げます。この変化はがん患者さんが糖を摂取しなくても起こります」

 要するに糖質制限をする、しないにかかわらず、がん細胞は体の骨格筋や脂肪を崩壊させて、生み出されたエネルギーによりどんどんと増殖するのだ。

2 / 6 ページ

関連記事