愉快な“病人”たち

渡部又兵衛さん 膝下切断の告知に思わず「舞台立てます?」

お笑い芸人の渡部又兵衛さん(C)日刊ゲンダイ
お笑い芸人66歳<糖尿病>

 みんなに「糖尿病合併症のデパート」と言われるくらい、神経障害から白内障、腎不全、壊疽までなんでも経験しました。2004年には、ついに左足の膝から下を切断するはめに。今も週3回の人工透析をはじめ、あれこれ治療中の身です。それでも舞台に立てているし、62歳で初めて結婚できたんですから、人生何があるかわからないですよね(笑い)。

 じつは両親ともに糖尿病だったので、若い頃から「お前も必ずなる」と言われていました。で、コント集団「ザ・ニュースペーパー」を始めて間もない40歳すぎに病院で検査したら、糖尿病が発覚したんです。

 しばらくは処方された薬を飲んでいましたが、病院の予約が面倒になって、すぐに病院に行かなくなってしまいました。少し疲れやすかったり、喉が渇くといったことはあったけれど、痛くもかゆくもなかった。でも、1~2年して足がむくみだしたんです。周囲の人からむくみを指摘されるようになっても、朝には治っていたので「大丈夫」って放っておいたら、ある日、お客さんに「足むくんでますね。大丈夫ですか?」と心配されて……。舞台でスカートはいたりするもんだから、見えてたんですね。

1 / 5 ページ