健康ポイント どっちが勝ち?

エビ天そばvsかき揚げそば カロリーが高いのは?

 年越しにはそばをいただきますが、その時に外せないのが天ぷらです。定番の「エビ天」と、野菜もたくさん入った「かき揚げ」、どちらを選んだらいいでしょうか?

 サクサクに揚げるために必要なのが天ぷら衣と油です。衣が多く付くほど油をたくさん吸いやすくなり、カロリーも高くなりがちです。

 かき揚げは野菜を細かく刻むため面積が大きくなり、衣は元の食材の2~3倍くらいも付き、吸油率も40~70%程度と高め。それに比べ、エビ天の衣は0・4倍ほどで吸油率も10%程度です。エビの大きさや作る人の衣の付け具合にもよりますが、エビ天の方が断然カロリーが低くなります。

 エビ天はタンパク質も取ることができます。もし、野菜の天ぷらもプラスするなら、かき揚げではなく、衣が付きにくく、油も吸いにくいサツマイモやカボチャ、レンコンなどを。パリッと風味がおいしい青ジソや海苔はほぼ油ですので、ダイエット中は避けましょう。けんちんそばのようにダイコンやネギ、ゴボウ、ニンジンなどの根菜をそばつゆで煮たものをそばにかけ、エビ天をのせるのも野菜が取れてグッドです。

 腰が曲がることから「長寿のシンボル」とされるエビ。そばには欠かせないネギも「労をねぎらう」という意味もあります。縁起物ですが栄養ポイントもしっかり押さえていますよね。来年もさらに健康に過ごせますように。

柴田真希

健康で楽しい「食」を提案する「エミッシュ」代表取締役。「私は『炭水化物』を食べてキレイにやせました。」など著書多数。ブログ「管理栄養士 柴田真希のシアワセ♪Makitchen」が好評。