数字が語る医療の真実

マンモグラフィーによる乳がん死亡は0.07ポイント減るに過ぎない

写真はイメージ(提供写真)

 前回、マンモグラフィーによる乳がん検診で、乳がん死亡が100から81にまで減ると書きました。100から81を引いて19%減るというわけです。しかし、この「19%減る」というのは効果の一部しか表現していません。

 元論文を見ると、検診を受けるグループと受けないグループのそれぞれの13年間の乳がん死亡は、検診を受けるグループで0.36%、受けないグループで0・43%となっています。この2つの差を取ってみると、0.43マイナス0.36で、検診によって乳がん死亡は「0.07ポイント減る」というふうにも言えます。先の「19%減る」とは、ずいぶん違った感じになるでしょう。しかし、この0.07ポイント減るというのもひとつの見方として間違ってはいません。視点が違うだけのことです。

 差にすると効果があまりに小さいのと同様、13年くらいでは、検診を受ける受けないにかかわらず、99.5%以上の人は乳がんで死なないということもわかります。乳がんは進行が遅いので、13年くらいではなかなか死亡する人が出てこないのです。

1 / 2 ページ

名郷直樹

「CMECジャーナルクラブ」編集長。東大薬学部非常勤講師。東大医学教育国際協力研究センター学外客員研究員、臨床研究適正評価教育機構理事)自治医科大卒。名古屋第二赤十字病院にて研修後、作手村国民健康保険診療所にてへき地診療所医療に携わる。95年同診療所所長。05年東京北社会保険病院臨床研修センター長。「『健康第一』は間違っている」などの著書がある。