こんなに変わるサラリーマン新常識

「お酒は適量であれば健康的」は本当か?

写真はイメージ(C)日刊ゲンダイ

 年末で、お酒を召し上がる機会が多いことと思います。お酒は「少量であれば健康に良い」という話があります。実際に、アルコールを適量飲む習慣のある人の方が、「心筋梗塞や脳梗塞が起こりにくく、長生きだ」というデータがあります。

 この適量というのは、1日のアルコール摂取量で「20~25グラムくらい。日本酒であれば1合くらいまで」ということになっています。ただ、最近それは本当に正しいのか、という疑いを持つ専門家もいます。こうしたデータは、お酒を飲む習慣のある人と、ない人とを比較しているのですが、飲まない人の中には、病気があって具合が悪いので飲めないという人が含まれている可能性があるからです。

 そこで今年、これまでのお酒と病気との関係を見たデータを、まとめて解析した論文がアルコール研究の専門誌に掲載されました。

 それによると、確かに1日25グラムより少ない量のアルコールは、病気を減らし寿命を延ばすような効果が認められました。

1 / 2 ページ

石原藤樹

信州大学医学部医学会大学院卒。同大学医学部老年内科(内分泌内科)助手を経て、心療内科、小児科研修を経て、1998年より「六号通り診療所」所長を務めた。日本プライマリ・ケア学会会員。日本医師会認定産業医・同認定スポーツ医。糖尿病協会療養指導医。