有名病院 この診療科のイチ押し治療

【アトピー性皮膚炎】東京逓信病院・皮膚科(東京都千代田区)

東京逓信病院・皮膚科の江藤隆史部長(C)日刊ゲンダイ
塗り薬だけで7~8割が寛解

 乾癬とアトピー性皮膚炎の治療に定評がある同科には、全国から患者が訪れる。特に患者数の多いアトピー性皮膚炎は、常時1000人近くの患者が通院している。その中には、いくつもの皮膚科を受診してもよくならず、ドクターショッピングを繰り返した末に同科にたどりつく患者も少なくない。他院の治療と何が違うのか。同科の江藤隆史部長が言う。

「何も特別な治療をしているわけではありません。診療ガイドラインに沿った当たり前の治療をきちんとやっているだけです。ただ、アトピー性皮膚炎は外用薬での治療になるので、患者さんの薬の塗り方が悪いとよくなりません。その正しい薬の塗り方をねちっこく指導しています」

 治療は、体部と四肢の患部に塗るステロイド外用薬、首から上の患部に塗るタクロリムス外用薬(免疫抑制剤)、全身のスキンケアとして塗る保湿外用薬の3剤を基本とし、かゆみが強ければ抗ヒスタミン薬(内服)を補助的に使う。

1 / 4 ページ