愉快な“病人”たち

夏目亜季さん 「お母さんを呼んで」でよほど悪いと察した

夏目亜季さん(C)日刊ゲンダイ
アイドル26歳<全身性エリテマトーデス(SLE)・子宮頚がん>

 今年は3月から5月上旬まで、持病の全身性エリテマトーデスの症状のひとつ、自己免疫性溶血性貧血が悪化して入院していました。退院しても「プレドニン」という薬の副作用で、この夏は今まで以上にムーンフェース(顔のむくみ)がひどくて外出できなかったんですけど、やっと薬が減ってきて、むくみが落ち着いてきたところです。

 思えばここ数年、入院ばかりしていて、ホント嫌になっちゃう(笑い)。その最たるものが子宮頚がんでした。

 もともと、高校1年生で鉄欠乏性貧血と診断され、造血剤を常用していました。体育の授業はいつも見学組。そして高3の夏に体調が悪化して病院へ行くと、「脾臓が腫れている」と言われ、その日のうちに大きな病院に入院になったんです。ステロイドの大量投与で一命を取り留めたんですが、そのとき自己免疫性溶血性貧血と診断されました。

 自分の赤血球を自分の免疫抗体で破壊してしまう難病指定の病気で、私の場合、赤血球が正常値の3分の1ほどに減ってしまっていたんです。プレドニンはそのときからずっと飲み続けている薬。免疫を抑制する代わりに全身がむくむ副作用があって、体重が10~20キロくらい簡単に増えるんです。体調が安定していれば薬も少量で済むんですけど、疲れやストレスで体が免疫力を発揮すると、貧血がひどくなって2~3週間入院になります。これは一生付き合っていく病気なんですよね。

1 / 5 ページ