大都市圏なんでも健康ランキング

【特別養護老人ホーム】75歳人口1000人当たりで最多は

写真はイメージ(C)日刊ゲンダイ

 脳卒中に関連して重要さが増すのが介護施設。重い後遺症が残り、そのまま要介護になってしまうケースが少なくないからです。しかも脳卒中が引き金となって、認知症を発症することも珍しくありません。いまや現役中高年にとって、親の介護は避けては通れない試練。それをサポートしてくれるのが介護施設というわけです。

 とりわけ“特別養護老人ホーム(特養)に入れるかどうか”が運命の分かれ道という場合が多いはず。要介護3以上の老人を、長期にわたって(亡くなるまで)、しかも比較的安価に預かってくれるからです。

 厚労省の統計によれば、2013年の時点で、全国に6212施設、収容定員は約45万人となっています。ただし、圧倒的に不足しているのはご存じのとおり。要介護が増える75歳人口1000人当たり、28.2人分しか用意されていない計算になります。しかも、都道府県でかなりの差があります。最も多いのが福井県の38.1、最低が愛知県の23.2。その差は1.6倍です。表には首都圏、関西圏、中京圏の各県の数字をまとめておきました。

1 / 2 ページ

永田宏

筑波大理工学研究科修士課程修了。オリンパス光学工業、KDDI研究所、タケダライフサイエンスリサーチセンター客員研究員、鈴鹿医療科学大学医用工学部教授を歴任。オープンデータを利用して、医療介護政策の分析や、医療資源の分布等に関する研究、国民の消費動向からみた健康と疾病予防の解析などを行っている。「血液型 で分かるなりやすい病気なりにくい病気」など著書多数。