天皇の執刀医「心臓病はここまで治せる」

インフルエンザや風邪が引き起こす心筋症にご用心

順天堂大学の天野篤教授(C)日刊ゲンダイ

 他にも、アンジオテンシン受容体拮抗薬やアルドステロン受容体拮抗薬など、有効な薬がいくつもあります。むくみの症状を軽くするために利尿薬を使用したり、動悸や脈の乱れを抑える不整脈の薬が使われるケースもあります。症状によって、有効な薬も変わってくるので、担当医としっかり相談しましょう。

 薬物治療で心不全や不整脈の症状が改善しない場合は、ペースメーカーの埋め込みや外科手術が検討されます。心筋症で心不全になると飲み薬が効きにくくなるため、点滴によって強心剤や利尿剤といった薬を投与することになります。その状態を繰り返すようになった段階で、手術を行うかどうかを考えるのが一般的です。

 手術は、心筋症で引き起こされるトラブルによって増大する心臓の負担を軽減させたり、肺のうっ血を取り除くために行います。心筋に炎症が起こると、心臓は徐々に肥大していきます。それによって心臓の弁のずれが大きくなり、僧帽弁閉鎖不全症を起こすケースが目立ちます。そうなると、左心室から大動脈へ送られる血液の一部が左心房へ逆流して、適切な量を大動脈へ送り出そうとする左心室に負担がかかり、進行すると心不全につながります。手術で患者さん自身の弁を修理する弁形成術を行い、進行を食い止めるのです。

3 / 4 ページ

天野篤

1955年、埼玉県蓮田市生まれ。日本大学医学部卒業後、亀田総合病院(千葉県鴨川市)や新東京病院(千葉県松戸市)などで数多くの手術症例を重ね、02年に現職に就任。これまでに執刀した手術は6500例を超え、98%以上の成功率を収めている。12年2月、東京大学と順天堂大の合同チームで天皇陛下の冠動脈バイパス手術を執刀した。