大都市圏なんでも健康ランキング

【急性心筋梗塞高死亡リスク】首都圏ワーストは横浜市中区

右は新浦安駅(上)と船橋駅/C)日刊ゲンダイ

■全国平均の2.4倍

 首都圏ワースト1の横浜市中区(237.1)の住民は、全国平均の約2.4倍も急性心筋梗塞で亡くなるリスクが高いことになります。横浜市からは磯子区と鶴見区もランクインしています(横浜市全体では120.0)。川崎市は東高西低ですが、全体的に高め(125.5)です。対照的に湘南エリアは軒並み低い数字を示しています。

 埼玉県からは加須市、幸手市、白岡市がワースト10入りしています。ほかにも行田市、羽生市、久喜市、蓮田市など、県東北部が高い数字を示しています。これらの市からは都心に通勤する人も多いのですが、通勤時間が長いことと、ラッシュ時の混雑が厳しいことが影響しているのかもしれません。

 首都圏ベスト1は千葉県浦安市(46.3)。この病気で命を落とす確率は、全国平均の半分以下です。ところが、すぐ近所の船橋市はワースト2位(224.8)で、5倍近い格差が見られます。また、九十九里浜北部(旭市・匝瑳市など)も高い数字を示しています。

2 / 2 ページ

永田宏

筑波大理工学研究科修士課程修了。オリンパス光学工業、KDDI研究所、タケダライフサイエンスリサーチセンター客員研究員、鈴鹿医療科学大学医用工学部教授を歴任。オープンデータを利用して、医療介護政策の分析や、医療資源の分布等に関する研究、国民の消費動向からみた健康と疾病予防の解析などを行っている。「血液型 で分かるなりやすい病気なりにくい病気」など著書多数。