ニューヨークからお届けします

心臓がハックされる…米大統領選に続き医療機器に脆弱性

FDAは心臓ペースメーカーの脆弱性を指摘(C)AP

 アメリカでは、昨年の大統領選に絡むハッキング事件がいまだに大きな問題となっています。さらに今度は、ネットに接続する医療機器、特に体に埋め込まれているペースメーカー等のセキュリティーの脆弱性が指摘され、利用者に不安を与えています。

 医療機器や医療に関わる個人情報のサイバーセキュリティーは、以前からそのリスクが問題視されていました。特にペースメーカーなどの医療機器は、スマートフォンなど頻繁にセキュリティーがアップデートされる機器とは違い、いったん市場に出てしまうとそのまま使い続けるケースが多いからです。

 2016年末、より進んだ対策を呼びかけるガイドラインを発表したFDA(米食品医薬品局)から、今年初めに心臓ペースメーカーの脆弱性を指摘する発表がありました。ピンポイントで対象になったのは、セント・ジュード・メディカル社のペースメーカーと除細動器です。

1 / 2 ページ

関連記事