愉快な“病人”たち

メモ持参で迷い払拭 園田マイコさん流「乳がんとの向き合い方」

園田マイコさん(C)日刊ゲンダイ
モデル47歳<乳がん>

 乳がんと診断されたのは、2008年10月でした。母が乳がんを発症していたので、「もしかしたら、自分も……」という気持ちがあって、普段からよくリンパに近い脇の下あたりを自己触診していたんです。その日、何の気なしに他の部分をあちこち触っていたら、あれ? と思う箇所が。左胸の乳首の下のところに、明らかに“何かがある”感じがしました。その後、最終的にはサードオピニオンまで受けることになります。

■「早く診察室から出たい」とばかり考えていた

 最初のお医者さまが、触診、針生検、エコー検査の後に「検査の結果を待たないと正確なところは分からないけれど、95%良性だと思う」とおっしゃって、不安ながらも希望の光が見えました。しかし、1週間後に病理検査の結果を聞きに行くと、「悪性」と言われて……。とにかく混乱してしまって、先生は丁寧に状況を説明してくださるのですが、言葉がまったく耳に入ってこない。ただただ、「どうしよう」と思い、「早く診察室から出たい」とばかり考えていました。

1 / 5 ページ